ブロッコリーは野菜の王様

筋トレをして細マッチョになろうと

色々、食材を探していると

 

意外な食材が見つかりました。

 

 

 

ブロッコリーです。

 

 

しかも、つぼみの部分(花蕾)より

食べられないと捨てていた

 

茎の方が栄養豊富

みたいです

f:id:nakaburo:20200604182202j:plain

 

硬いので食べられないと

勝手に思い込んでいました。

 

硬い皮を剥いてから

生でナムルにしたり、きんぴらにして食べると

美味しく頂けました。

蒸したり茹でたりして食べていたのですが 

 新鮮な内は生でたべるの方が一番栄養価が高いそうです。

 

 

ブロッコリー認知症予防・がん予防に効果があるというのは

以前から知っていましたが

 

 植物性のタンパク質で低カロリーなので

女性のダイエットにはピッッタリだったのです。

 

その上、免疫力をアップさせるビタミンCがレモン3個分含まれ、造血のビタミンといわれる「葉酸」高血圧を予防してくれる「カリウム」糖尿予防や脂肪を燃焼する役割を持つ「クロム」抗酸化作用と解毒効果がある「スルフォラファン」食物繊維が豊富に含まれ野菜の王様と呼ばれるほど栄養価がたかい野菜だったのです。

 

なかでも「スルフォラファン」は、ブロッコリーの新芽 (スプラウト)に多く含まれて

いるそうです。こちらも生でよくかんで食べると吸収率が高まるそうです。

 

 

筋トレをして細マッチョになろうと探していたら

ブロッコリーの素晴らしさが分かりました

これからも野菜の王様を茎ごと美味しく

ありがたく頂きます。

 

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。