今すぐオイラは

ドキドキ・わくわくが止まらない最高に人生を楽しむレシピ

改造 ドライヤー掛け

百均でドライヤー掛けを購入しましたが

取り付け穴があるものが販売されていなかったため

両面テープで貼り付けて使用していました。

 

強力な両面テープどガッチリと固定出来ていたのですが度重なる

ドライヤーが片付ける時の強襲に壁紙が耐えきれず

とうとう剥がれてしまいました。😰

 f:id:nakaburo:20200915081857j:image

 

ドライヤーの強襲に耐えるには壁に穴を開けてビスで取り付けないと

ダメなんだと分かったので

 

まずドライヤー掛けにプラスドライバー(軸が7㎜)が突っ込めるよう

7.5㎜の穴をドリルであけ

 続けて壁に密着する方にビス(4㎜)が通るように4.5㎜の穴をあけました。

f:id:nakaburo:20200915081958j:image

f:id:nakaburo:20200915082013j:image

 

次に取り付けたい壁の奥に下地(ブロックや軽量鉄骨)があるか探ってみましたが

残念ながら無さそうでした。

 

f:id:nakaburo:20200915081904j:image

f:id:nakaburo:20200915081911j:image

 

下地がなく石膏ボードしかないのでボードアンカーを取り付けることにしました。

 

今回は通常タイプのボードアンカーを使用します。

f:id:nakaburo:20200915081927j:image

 

力を入れすぎて石膏ボードが破損してしまわないよう

手回しでねじ込みます。

 

f:id:nakaburo:20200915081931j:image

 

これでしっかりボードアンカーがボードに食い込んでくれたので

 

f:id:nakaburo:20200915082053j:image

 

ドライヤー掛けをビスで取り付け完成です。

f:id:nakaburo:20200915082041j:image

 

まとめ

最初からビスで取り付けておけば壁紙を補修しなくてすみましたが

穴をドリルを用意して開ける手間を惜しんでしまいました。

壁紙が破れてしまうということを予想できなかった為

今回は二度手間になってしまいましたが良い経験をすることができました。

 

 

今回も最後までお付き合いありがとうございました。