痒み地獄の救世主メダカ

子供達が昔遊んでいた亀の形をした砂場は何処にいったのかな?と探していると

こんなところに逃げ込んでいました。


f:id:nakaburo:20200726212442j:image

 

蓋を開けてみると

大量のボウフラがビックリして

名前の由来通り

棒を振るようなダンスをしていました。


f:id:nakaburo:20200726212718j:image

 

かつての子供達が遊んでいた

砂場はボウフラの養殖場になっていました

これが成長して

私達家族を痒み地獄におとすのかと想像すると恐ろしくてゾーっとしました。

 

この巨大な亀をボウフラごと処分することを一瞬考えた時

 

昔メダカがボウフラ駆除に適していると聞いたことがあるなと思い出し

たくさんの思い出の詰まった亀を捨てるより

メダカに駆除をお願いする事にし

早速買いに行きました。


f:id:nakaburo:20200726213006j:image

 

 10匹お願いしたのですが

おまけで12匹くださいました。

 

外で活躍してもらうのですがエアーポンプが使えないので

光合成で酸素を作ってくれる

アナカリスもいただきました。


f:id:nakaburo:20200726213016j:image

 

アナカリスを植えメダカを放って

これからという時に

 

雨が降り始めてしまいました

もともと砂場だったので水が濁ってしまい

ようやく濁りがなくなり様子がうかがえるようになった時には

ボウフラの姿はなく

メダカの活躍は残念ながら見られませんでした (´д`)/

 

メダカの食べるものが無くなったので今度は餌を買ってきて

与えると一生懸命に食べてくれましたが

 

本末転倒になってしまいました。

 

でも、メダカを見ていると凄く癒やされ

しばらく見とれていると

 

ボウフラの親に刺されてしまいました

 

メダカの赤ちゃんは逆にボウフラに食べられてしまうことがあるらしいので

赤ちゃんメダカは室内で育てて どんどん数を増やしてボウフラが発生しても

親がすぐに駆除してくれるようにしたいです。

 

 

今回も最後までお付き合い有り難うございました。

 

世界一美しいメダカの育て方

世界一美しいメダカの育て方

  • 発売日: 2020/05/26
  • メディア: 単行本